業務案内:中国新化学物質,MSDS作成,危険化学品,24時間応急救援,食品包装材,化粧品新原料,農薬

≪管理弁法≫第19条の要求に従い、化学品試験に関する国家標準に規定された方法に基づいて、新化学物質申告のための試験を承ります。

 

 

 

中国境内試験機構は、≪弁法≫第19条の要求に従い、化学品試験導則または化学品試験に関する国家標準に規定された方法に基づいて、新化学物質申告のための試験を展開しなければならない。

 

中国境内試験機構の資質

 

新化学物質の境内試験機構は、環境保護部の検査を受け入れ、合格しなければならないとともに、以下の要求を満たさなければならない:

 

生態毒理学の面では、環境保護部が公布した境内試験機構でなければならない。

 

理化特性の面では、環境保護部がリストを公布するまでは、以下に掲げる資質の1つを有する試験機構でなければならない:

a) 中国合格評定国家認可委員会の試験室の認可

b) 国家級の計量認証

c) 農業部農薬優良試験室(GLP)の審査

ただし、その資質許可試験項目または指標のデータを提供することしかできない。

 

毒理学の面では、環境保護部がリストを公布するまでは、以下に掲げる資質の1つを持つ試験機構でなければならない:

a) 国家食品薬品監督管理局の薬物非臨床研究質量管理規範(GLP)認証管理

b) 衛生部化学品毒性鑑定機構の化学品毒性鑑定試験室の条件および業務規則

c) 中国国家認証認可監督管理委員会が許可した優良試験室規範(GLP)評価

その資質許可試験項目または指標のデータを提供することしかできない。

 (備考:GLPの正式名称は、Good Laboratory Practice)