業務案内:中国新化学物質,MSDS作成,危険化学品,24時間応急救援,食品包装材,化粧品新原料,農薬

中国では2015年の天津港爆発事故以来、化学品、とりわけ危険化学品に対する通関時の厳しい対応が続いており、また各港での対応が異なるなど、日本を含む外国の企業様は、その現状に苦慮しています。化学工業日報社様主催の今回のセミナーでは、「最近の中国通関と化学品通関の現状」をテーマに、大阪と東京の2会場でお話させて頂きます。

アジアンエクスプレスは、第2講「最近の化学品通関事例と対応策」を担当致します。

たくさんの皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

■講師とテ-マ
第1講(13:00-14:00)
『物流企業から見た上海危険化学品通関の現状と課題』
 株式会社日陸 海外事業統括部 参事 伊野 裕之 氏

《休憩(14:00-14:15)》

第2講(14:15-15:15)
『最近の化学品通関事例と対応策』
 株式会社アジアンエクスプレス 化学品情報管理部 部長 清本 珠音 

Q&A(15:15-16:15)
伊野 氏/清本 

■開催要項
【受講料】1名につき25,000円+税
<大阪会場>
【日時】2018年6月8日(金)13:00-16:15
【会場】日本綿業倶楽部(日本綿業会館)新館 2階 会議室(大阪市中央区備後町2-5-8)
<東京会場>
【日時】2018年6月12日(火)13:00-16:15
【会場】アイビーホール 2階「ミルトス」(東京都渋谷区渋谷4-4-25)
【お申し込み先】
化学工業日報社 企画局
〒103-8485 東京都中央区日本橋浜町3-16-8
TEL:03-3663-7936 FAX:03-3663-7861

[お問い合わせ、お申し込み]

https://www.chemicaldaily.co.jp/seminar/20180608/